RYOBI エンジン式耕運機修理

投稿日:

RYOBIさんの2サイクルエンジン式の歩行型耕運機です。
こんな可愛らしい子が当店に修理に来られる事は珍しいですが大歓迎です。

暫く使っていないとの事で、始動しません。
燃料フィルターとタンク内のチェックから。

すると・・・。下の写真の様な状態でした。

燃料フィルター回りにヘドロ状の汚れがべっとり。
ココまで酷いのはなかなか珍しいです。危険!

腐ったような悪臭が漂います。ガソリンやエンジンオイルは酸化して腐ってしまうのです。長期保管時には必ずタンク内・キャブレター内の燃料は抜きましょう。

泣き言で申し訳在りませんが、腐敗が酷いガソリンの匂いを嗅ぎながらの作業は具合が悪くなります。おそらく人体になんらかしら悪影響を与えると思います(涙)

燃料タンク内を念入りに清掃し、燃料フィルターと燃料ホースの交換。
キャブレター内を徹底分解洗浄。メタリングダイヤフラム類のパッキン類は全て交換させて頂きました。プライマリーポンプも破れていたので交換。

交換したの部品は以上。
これで快調にエンジンは吹きあがりました。
始動も一発です。
アクセルワイヤー類の錆び付きは有りませんでした。
ネジ類のチェックと増し締め、注油をしてお客様へ引き渡しました。

出来ればここ迄ガソリンが腐る前にご来店頂けるとありがたいです(弱音)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中